2015.01.10(SAT)

結婚式の費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【画像解説】ここで差がつく!
デキる大人の結婚式の「お金の折り方」

【画像解説】ここで差がつく!デキる大人の結婚式の「お金の折り方」 - スキナウエディング

結婚式を挙げる上で、忘れてはならないのが結婚式に携わってくれた方への感謝の気持ちですが、「お礼」や「お車代」などにもお金の折り方があるってご存知ですか?

今回は、そんな見落とされがちな「お金の折り方」の基本から、デキる大人にはぜひとも知っておいて頂きたい「差がつくポイント!」までご紹介します!

《折り方編》お車代を渡すことは知っている。でも折り方って?

冒頭にもありますが、結婚式は「受付」「スピーチ」「余興」といったゲストの協力が不可欠。たくさんご協力をいただくことになるし、何かお礼を…。
お祝いの気持ちをもらいっぱなしでは「一人前の大人」としての格好がつきません。
そこで結婚式に関わってくれた方に感謝の意を込めてお返しをご用意します。

その一つが「御礼」と言われるものです。
結婚式には何度か参加したことがあっても、いざ自分が当事者になると「どうするんだろう?」となりがちなのが、この「御礼」です。

そこで大事になってくる、「御礼」をご用意する時のお金の折り方ですが、まず前提となることは、「一万円以上の場合は基本的には折りません!!」ということです。
この場合は、折らずに祝儀袋に入れます。

折るときは、それ一万円より少ない金額のときということです。
この場合は小ぶりな”ぽち袋”に入れるので、

1."三つ折"(四つ折りは縁起が良くないとされているので、三つ折がベスト)
2."取り出した時、上下左右が逆にならないようにお札の向きを揃える"
3."重ねたまま.お札の表側が正面を向くように折る"

お札の折り方 (出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1424801049)

という手順で上の画像ように、お金を折って袋に入れます。

ここまでが常識と言われるところ。
ここまで押さえておけば、はっきり言って特に問題はありません。

でもどうせなら、+αも押さえておきたい!
そんな方に、次は “デキる大人”のポイントをご紹介します!

《まめ知識編》祝儀袋とぽち袋があるけど、どう使い分けるの?

さきほども少し出てきましたが、金額によってお礼のお金を入れる袋は変わります。
1万円以上は「祝儀袋」、1万円以下は「ぽち袋」と使い分けましょう!

こちらが《ご祝儀袋》と言われるもの。

ご祝儀袋 (出典:http://www.mizuhikiya.com/shopping/shugi-kingin.html)

こちらが《ぽち袋》と言われるもの。

ぽち袋 (出典:http://seitousha.ocnk.net/product/344)

1万円以上包む時は「祝儀袋」、1万円以下であれば祝儀袋より小ぶりな「ぽち袋」に入れた方が「少額ですが感謝の気持ちです」という気持ちを相手に伝えることができます。また、5万円以上の額を包む場合は、祝儀袋も格の高いものを選ぶと、より感謝の気持ちが伝わります。

《ここで押さえるべきもう一つのポイント!》

「祝儀袋」にも「ぽち袋」にも「結び切り」「蝶結び」の二種類があるってご存知でしたか?

特に男性はよくやってしまいがちで、間違えたところでばれない事も多いのですが、 一般的に結婚式は「一度きり」が望ましいため、祝儀袋もぽち袋も、結び直すことのない、「結び切り」の引きがついたものを使うのがデキる大人のマナーです。

蝶結びの水引は「ほどいて何度でも結び直せる」ことから、出産など何度あっても嬉しいお祝いごとに用いますので、購入する際にはよく確認して、「うっかり蝶結びだった」ということのないようにしてくださいね!

結び方 (出典:http://www.mizuhikiya.com/howto/shugi-musubi.html)

左から”あわび(あわじ)結び”、”結び切り(真結び)”、”蝶結び”です。
“あわび結び”か”真結び”かについてですが、以下のようにわかれていますので、”デキる大人”は要チェックです!

《結び方のいろいろまめ知識》

「あれ?結び方って2種類じゃないの!?」と思われた方、ご安心ください。
以下で、一般的とされる結びの種類をお伝えいたします!

まず、大きく関東と関西で分かれます!

関東では、”あわび(あわじ)結び”と”結び切り(真結び)”は同じ使い方をします(どちらを使っても◎)。
結び直しのきかない結び方なので、一度きりのお祝い(結婚祝・快気祝)や仏事用に用いられています。

一方関西では、御祝に”あわび結び”を使うのが一般的とされていますので、関西の方へのお返しには”あわび結び”を。

”あわび結び”の本来の用途としては、”結び切り(真結び)”より広い範囲のお祝い用であることから、結婚祝い用や出産祝まで用いられており、その結果”あわび結び”が広く一般的になりました。

"折り方"も"袋の選び方"もわかった!じゃあ"入れ方"は?

お金の入れ方ですが、こちらは"祝儀袋"と"ぽち袋"で異なります!

―祝儀袋の場合―
1.お札は新札を用意します。
2.お札の表が前を向き、肖像画が上になるようにお札を入れます。

《ここがポイント!》

3.袋はのり付けしても良いですが、後でまた袋を開ける可能性を考えるとシールにするのがお勧めです!
(参考URL:http://www.kekkonlabo.com/sp/money/money02.html)

―ぽち袋の場合―
1.お札は新札を用意します。
2.袋と入れるお札の天地が逆にならないように向きを揃えます。
3.重ねたまま、お札の表側が正面を向くように折ったお札を"正面から見て右側が手前にくるように"入れます。
4.ぽち袋の場合も、ぽち袋はのり付けしても良いですが、後でまた袋を開ける可能性を考えるとシールにするのが”デキる大人”のポイントです!

まとめ

いかがでしたか? 最後にもう一度だけ、おさらいしておきます!

《折り方》

■お車代、お心づけを用意する際、金額が1万円以下の場合に"お金を折る"。

《まめ知識》

■祝儀袋とぽち袋の使い分け。ポイントは包む”金額"。
→ 1万円以上は「祝儀袋」、1万円以下は「ぽち袋」。

■袋を選ぶときの注意点!”結び切り"の水引きのものを用意する!
→ 結婚式は一度きり(が望ましい)! “あわび結び”が一般的!

■肝心のお金の入れ方は?祝儀袋でもぽち袋でも、どちらも中身は新札で!
開封する相手のことも考え、封をシールにすると好印象!

―祝儀袋の場合―
肖像画が正面。出した時に肖像画が上になるように!

―ぽち袋の場合―
袋とお札の天地は同じで!重ねたまま、表側が正面、正面から見て右側が手前にくるように!

これで”お金の折り方”のことをぜひバッチリ押さえられたのではないでしょうか?

ふたりのこれからの新しいスタート。ゲストへの感謝も大切に、素敵な結婚式をお迎えください!

この記事を書いた人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリーから記事を選ぶ

  • 結婚式の準備
  • 会場選び
  • 挙式スタイル
  • ニュース
  • 結婚関連
  • 結婚式の費用
  • 神社挙式・和婚
  • 会員制結婚式

MENU

ページの先頭へ