2014.12.25(THU)

結婚式の費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者も安心☆
「ご祝儀袋の作り方手順」全部見せます!【解説画像有】

初心者も安心☆「ご祝儀袋の作り方手順」全部見せます!【解説画像有】 - スキナウエディング

「招待されていた友人の結婚式まであと少し。そろそろご祝儀の準備をしなくちゃいけないけど、やり方・方法がわからない!!」

そんなアナタに、現役プランナーが「お金の入れ方」はもちろん、「ご祝儀袋の選び方~当日のご祝儀袋の持ち運び方法」まで、画像付きで分かりやすく丁寧にお教えしちゃいます!

ご祝儀袋の選び方

まずは、ご祝儀袋の購入です。

一般的なデザイン(白地に紅白の結びきりの袋)であればコンビニや文具店でも手に入りますが、オシャレなデザインを希望する場合は、「東急ハンズ」や「LOFT」の文房具コーナーもしくはウェディンググッズコーナーへ行ってみてください(ディズニーのキャラクターものや、風呂敷タイプのご祝儀袋等、見ていて楽しくなるデザインがたくさんあります!)。

さて、肝心のご祝儀袋の選び方ですが、重要ポイントは2つです。

①右肩に「のし」が付いていること
②「水引」の結び方が「結びきり」であること(「蝶結び」の祝儀袋はNGです)

ご祝儀袋 (出典:http://www.kobo-cuoluce.com/syugi-bukuro.html)

「のし」とは、「のしあわび」を簡略化したもので、昔から祝い事に縁起の良い海産物を贈ってきた名残が現在にも引き継がれています。

「水引」が結びきりなのは、結婚式は一度きりが好ましいからです。逆に、何度でもほどいて結び直せる「蝶結びの水引」は、出産祝いなどのお祝い事の際に選びます。

「のし」「水引」の他にも、お渡しする相手や包む金額によって、購入するデザインは変わってきます。
親しい友人や同僚にはカジュアルなデザインが好まれることが多いですが、目上の方には礼を欠くこともあるので一般的なデザイン(白地に紅白の結びきりの袋)が無難です。
また、袋自体が大きく飾りが豪華な祝儀袋の場合、一般的には包む金額も高くなります(5万円以上)ので覚えておきましょう。

中袋には、何をどこに書いたらいいの?

さて、ご祝儀袋を購入したら、まずは中袋(または中包み)を取り出しましょう。

筆ペンを準備し、まずは表面に「金額」を記載します。
金額は「一」「二」「三」だと、あとから書き足すことが可能で失礼にあたるので「壱」「弐」「参」のような難しい漢字(旧漢字)を使ってください。「万円」の字も、「萬円」と書いてください。

「金額」を記載 (出典:http://www.gogo-wedding.com/manners/celebration/entry_000074.php)

続いては裏面に「郵便番号・住所・氏名」を楷書で書きます。
実は裏面の記入を忘れるゲストがけっこういらっしゃるんですが、ご祝儀を受け取った新郎新婦にとって、あとでお金を整理する際に非常に重要なポイントになりますので忘れず記入しましょう。
(購入した祝儀袋によっては、中袋に金額や住所記入欄がある場合があります、その場合はその通りに記載して頂いて構いません)

ご祝儀は奇数じゃないといけないの?

中袋の記入ができたら、次はお札を入れます。

と、ここで、ご祝儀の金額について迷う方がいらっしゃるかもしれませんのでワンポイントアドバイス。

一般的に、ご祝儀の金額は三万円が相場といわれていますが、これは割り切れない奇数の枚数で準備すると「縁起がよい」ということからきているようです。
ですが、学生の方などの若い方ですと、ご祝儀「2万円」ということもあります。そんな時にも基本的には偶数を避けた方が無難ですので「一万円札2枚」ではなく「一万円札1枚 + 五千円札2枚 = 合計三枚」といったカタチで奇数で準備すれば問題ありませんよ!

お札の入れ方(中袋への入れ方)

ご祝儀の金額が決まったら、いよいよ袋にお金を入れましょう。 (お金は新札を準備して下さいね!)

お札の表側(肖像画がある方)が中袋の表側に向くように、また肖像画が上に来るようにしてお札を入れます。

お札の入れ方 (出典:http://shuugi.com/how-to-pack2.html)

ちなみに、中袋は糊付けなしでも失礼にはあたりません。プランナーの私としては新郎新婦が開けやすいよう、あえて"糊付けなし"にされることをおススメします。
(ただし、金額が多い時(目安として10万円以上)には糊付けすることもあります。糊付けした場合は糊付け部分に「封」や「〆」の字を書きます。 )

これで中袋は完成です!

中袋のセット方法(上包みのたたみ方)

中袋が完成したら、ご祝儀袋にセット(上包みをたたむ)しましょう。

上包みのたたみ方はコチラです!
1.ご祝儀袋の真ん中辺り(元の折り目を参考)に、中袋の裏側を上に向け(住所・名前が書いてある方を上にして)のせる
2.左側を真ん中へと折る
3.右側を真ん中へと折る
4.上側を真ん中へと折る
5.下側を真ん中へと折る
6.完成!

ご祝儀袋にセット (出典:http://daisyoyasan.jp/syugi_03.html)

ポイント、「上、下の順で折り、下の折り返しが上を向くように折る」というところです。
結婚式は「慶び・幸せを受けるように」という意味を込め、上向きに折り返した方を外側にして水引を掛けています。逆に重ねてしまうと不祝儀(葬儀)の折り方になり、失礼にあたるので注意して下さいね。

ご祝儀袋の表書きの書き方

ご祝儀袋完成までもう少し!

次はご祝儀袋の表書きの書き方です。
ここも筆文字で記載してくださいね。

上段には、「寿」「御祝」「御結婚御祝」など贈る名目を書き、下段には自分のフルネームを書きます。

水引や熨斗(のし)の飾りのため表書きが書きづらい場合は、短冊に表書きを記入して水引にはさみます。(市販の祝儀袋には、無地の短冊や、表書きの名目が印刷された短冊がセットされているものがほとんどです。そちらにフルネームを記入し水引にはさみこみましょう!)

ご祝儀袋の表書き (出典:http://item.rakuten.co.jp/nodakami8/10000054/)

当日は「ふくさばさみ」へ入れて持参

ご祝儀袋完成!
「このまま当日持参するバッグへ入れて・・・」っと、ちょっと待ってください!!まだ準備は終わっていないんです!!

祝儀袋をそのままバッグに入れて持参すると、汚れたり、折れ曲がったりしてしまいます。
また、ご祝儀袋をカバンやスーツのポケットからそのまま出したり、購入した時のセロハン袋ごと出したりして渡すのは、マナー上あまり好ましくありません。
ご祝儀は新郎新婦へのお祝いの品ですから、大切に扱い受付でもスマートにお渡ししたいもの。
そこで準備するものが「ふくさ」もしくは「ふくさばさみ」です。

使いやすさでいけば「ふくさばさみ」がおススメ(「ふくさ」は小風呂敷なので、折りたたまなければいけません)。結婚式で用いる色は、エンジか赤色、紫などの赤系統ですが、紫色だと、お悔やみごとにも使えるので、1枚持っていると非常に重宝しますよ。

ふくさ (出典:http://store.ponparemall.com/hikidemono/goods/45-0773/?vos=cpppmaffkcom130826001)

まとめ

いかがでしたか?
初めて結婚式に招待された方でも迷わないよう、「ご祝儀袋の選び方~当日のご祝儀袋の持ち運び方法」まで、一連の流れでご紹介させて頂きました。

ポイントをまとめると以下の7つ

1.ご祝儀袋選びのポイントは「右肩にのしが付いている」「水引は結びきり」
2.中袋の裏面には、「郵便番号・住所・名前」の記載を忘れずに!
3.ご祝儀のお札の枚数はできるだけ「奇数」にすること
4.お札の向きは「肖像画が表かつ上」にくるようにする
5.上包みの折り方は、「折り返しの部分が上を向く」ようにする
6.ご祝儀袋や中袋に記載する文字は「筆文字」で!
7.ご祝儀袋は「ふくさばさみ」に入れて持参すること

これで準備はバッチリです!あとは当日新郎新婦をめいっぱい祝福してあげてくださいね!

この記事を書いた人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリーから記事を選ぶ

  • 結婚式の準備
  • 会場選び
  • 挙式スタイル
  • ニュース
  • 結婚関連
  • 結婚式の費用
  • 神社挙式・和婚
  • 会員制結婚式

MENU

ページの先頭へ