2014.12.26(FRI)

結婚式の費用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚式の予算を立てよう!~ご祝儀額の算出方法~

結婚式の予算を立てよう!~ご祝儀額の算出方法~ - スキナウエディング

晴れて結婚も決まり、いよいよ式場探し。
ワクワクの反面、「結婚式はお金がかかる」というイメージが強すぎて、どれくらいの費用がかかるのかイメージがつかない!どれくらいの貯金が必要なの?という疑問や不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな不安を解消すべく「結婚式の予算」の上手な組み立て方を「ご祝儀」を中心にお伝えします!

結婚式の予算の組み立て方を知ろう!

まずは、自分たちが結婚式にどのくらいの予算を使えそうなのか、組み立て方を知りましょう。
結婚式の予算の計算のしかたとしては、一般的には

結婚式予算 =【ご祝儀】+【自己負担金】+【ご親族からの援助】+(当日出席されない方からいただくお祝い金)

といった具合になります。それでは、細かく見ていきましょう。

①【ご祝儀】

ご予算のうち、一番大きな割合を占めるのが、結婚式のゲストからいただく【ご祝儀】になります。割合が大きい分、慎重に計算しておくことが大切ですね。次の項目で具体的に計算してみましょう。

②【自己負担金】

おふたりの貯金などから、結婚式費用として使える予算です。
おふたり自身が負担できると判断する金額になるので、リアルな数字が出しやすい項目になります。
現状の貯金額ももちろん大切ですが、挙式までに数か月ある場合には、「1ヶ月に●万円ずつ貯金する」と目標を決めて「●万円 × ●ヶ月 = ●万円」を当日までに貯金する、といった計画を立てることもできますね!

③【ご親族からの援助】

主にご両親や祖父母が、ご祝儀とは別で「この日のために!」とご用意されていたり、援助される場合もあります。
もしご親族のなかで先に結婚式をされた方がいらっしゃったり、ご家族のなかで決め事があるのであれば、ご両親に相談しておくといいですね。

④(当日出席されない方からいただくお祝い金)

なかなか事前に金額を予想するのは難しい金額になります。
事前にはっきりわかる場合以外は計算に入れないほうが安心です。

ご祝儀の額を計算しよう!

さて、大きな枠組みを知ったところで…。
【自己負担金】や【ご親族からの援助】に関しては、ご家族によって大きく変わってきたり、相談してみないといけないことも多いですよね。
それに対して【ご祝儀】に関しては、かなり具体的に、しかも大きな金額を事前に把握することができます。割合が大きいだけに、間違えてしまうと痛手になるのもこのご祝儀です。
はじめにしっかりシュミレートしておきましょう!

image (出展:http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n218681?fr=pc_fb_share_n)

例えば、ひとくちに「ご祝儀」といっても【平均3万円】でうまくシュミレーションできる場合もありますが、誰もがそれでバッチリ!というものでもありません。

ゲスト80名の披露宴でも、
◎親族40名、友人や同僚で40名 というパターンと
◎親族10名、友人や同僚で70名 というパターンではご祝儀の額は大きく変わってきます。

さらに、同じ親族40名でも
◎おじさん、おばさんばかりの40名 というパターンと
◎いとこやそのお子さんばかりの40名 というパターンでは、これまた大きく額が変わってきます。

つまり、ご祝儀のシュミレーションでは
①【誰を呼ぶか】
②【何名呼ぶか】
この2つがとっても重要なんです!

では細かく見ていきましょう。

image (出展:http://abba-wedding.com/topics/)

①【誰を呼ぶか】

まずは大きく「親族」「上司」「恩師」「同僚・友人」の4つのくくりで実際に名前を書きだしてみましょう。
「親族⇒●●さん、▲▲さん…」「上司⇒■■さん…」といった感じですね。

「なんとなく全員で50名くらいかなぁ…」なんて思っていても実際に名前を書きだしてみると「あの子も、あの子も…」となって、結局80名になりました!
という新郎新婦さんを、私はプランナーとしていっぱい見てきました。
めんどくさくても、必ず書き出して確認してくださいね!

②【何名呼ぶか】

次は何名呼ぶかです。
「親族」に関してはかなり細かくなりますので、ひとりずつ計算しますが、「上司」や「恩師」「同僚・友人」は平均額でまとめて計算しても問題ありません。
それぞれ関係性ごとに何名になるか数えてみましょう。

では、いよいよ計算です。
以下の関係性にそれぞれの人数をかけてご祝儀の額を計算してみましょう。

・「両親」「おじおば」「祖父母」:夫婦で10万円、どちらかおひとりで5万円
・「兄弟姉妹」「いとこ」:夫婦で5万円、未婚の場合は3万円(学生の場合は0万円でカウントしておいたほうが無難です)

・「甥っ子・姪っ子」「いとこのお子様」など:お子様はお席の用意は一人分としてカウントしますが、ご祝儀の計算では人数にカウントしないようにしておきましょう。

・「上司」:3.9万円

・「恩師」:3.6万円

・「同僚・友人」:3万円

例えばゲスト80名の場合、以下のようなイメージになります。

image

まとめ

いかがでしたか?
自分たちの結婚式で、どのくらいの人数、どのくらいの予算が集まりそうかイメージはつきましたか?

予算の考え方は【ご祝儀】+【おふたりの貯金】+【ご親族からの援助】+(当日出席されない方からいただくお祝い金)でしたね。

【ご祝儀】は
①招待したいゲストを書き出す
②関係性ごとに平均金額をかけ算する


【おふたりの貯金】は
①現状いくら使えるか
②結婚式までにいくら貯金できるか


【ご親族からの援助】と当日出席されない方からいただくお祝い金は ご両親に相談のうえ、確実な金額のみ予算に組み込む

ということでしたね!

なんとなく結婚式は高いから貯金しなきゃ、今すぐには無理だ!と感じている新郎新婦さんも多くいらっしゃいますが、実は全てがそうというわけではありません。

まずはしっかりと予算を立てて、そこから結婚式を組み立てることで、予算のなかでできること、費用をかけてでもやりたいことなど、具体的におふたりの実現したい「結婚式像」が見えてくるはずです。

「予算」と「見積もり」を上手に比較しながら、理想の結婚式を実現してくださいね。

ゼロ婚

この記事を書いた人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリーから記事を選ぶ

  • 結婚式の準備
  • 会場選び
  • 挙式スタイル
  • ニュース
  • 結婚関連
  • 結婚式の費用
  • 神社挙式・和婚
  • 会員制結婚式

MENU

ページの先頭へ