2015.06.16(TUE)

結婚関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大歓声!東京クルーズ結婚式、船をプレゼントしたらここまで盛り上がった。

大歓声!東京クルーズ結婚式、船をプレゼントしたらここまで盛り上がった。 - スキナウエディング

「結婚しよう」

待ちに待ったプロポーズは、今までの人生で一番幸せだったと断言してもいい。

いつもより少し豪華なお店で、小さな花束と婚約指輪。ありきたりかもしれないけれど、最高の、私たちの婚約記念日。

結婚式が待ち遠しい。
呼びたいゲストの顔ぶれが頭に浮かぶ。

一足先に素敵な結婚式を挙げた大親友。
きっとこの日を心待ちにしてくれていた両親。


ゲストにも思いっきり楽しんでほしい。
どこかで見たことのあるものではない、“何か新しいこと”で驚かせたい。

そしてちょっとだけ欲張りをいうなら・・・
「ふたりらしくて、ほんとにいい結婚式だったよ!」と言ってほしい!


そんなあなたにぴったりなのが、実はクルーズ結婚式なんです。クルーズ結婚式の魅力といえば、何をイメージしますか?

潮風の爽快感?
豪華なパーティー?

いいえ、違います。

「こんなの初めて!」
クルーズ結婚式でしか叶えられない、
ゲストも大興奮のサプライズがあるんです。 会費制パーティや1.5次会にもおすすめです。

船をプレゼント?!
大盛り上がり間違いなしのサプライズ

一般的に披露宴の時間は2時間半。
ゲストはその大半を座って過ごします。

おいしい料理やお酒はもちろん、なにより新郎新婦を祝う気持ちで
あっという間に時間は過ぎますが、長時間座っていれば、
どんなに楽しい場でも意外と疲れてしまうもの。

だからこそ、思いもよらないタイミングで、
「東京湾のクルージング」を「サプライズ」でプレゼントして、
船に案内するなんて、粋なサプライズだと思いませんか?


もちろん、披露宴の中にサプライズを散りばめるのもアリ。
だけど、それってなんだかアリがち。

じゃあ、ゲストにとって“思いもよらないタイミング”っていつ?



それが・・・

披露宴のおひらき直後なんです!


新婦さまの手紙のセレモニーが終われば、
ゲストは「そろそろ披露宴も終わりだなぁ…」と思うのが当たり前。

そんな気持ちのゲストに司会者から突然のひとこと。


「ここでなんと、新郎新婦様から東京湾クルーズのプレゼントです!」

「「?!」」


帰る支度をしていたゲストは困惑。一瞬、何のことだかわかりません。
それでも、ワンテンポ遅れて拍手や歓声の湧き上がる会場に、
新郎新婦は顔を見合わせて思わず「にやり」。


今回はゲストがあっと驚いた、本当に喜ばれる
「船をプレゼント」するサプライズを、
実際のクルーズ結婚式の1日の流れに沿ってご紹介します!

まさかのサプライズ!
「船をプレゼント」する、クルーズ結婚式の1日に密着!

まずはメインの結婚式。

挙式はクルーズウェディングらしく、
船長と一緒に愛を誓うキャプテン人前式を桟橋で。
「海」での結婚式ですから、舵を取るのはやっぱり船長です!

船長と一緒に愛を誓うキャプテン人前式

おいしい料理を心行くまで楽しんでもらいたいから、
船酔いの心配もない海の見える陸上のレストランで、和やかな披露宴を。

海の見える陸上のレストランで、和やかな披露宴を

スピーチに、余興にプロフィールムービーと、楽しい時間はあっという間。
いよいよ披露宴もクライマックスの、新婦様のお手紙のセレモニー。
感動的なお手紙に、ゲストもついついもらい泣き。

締めの挨拶が終われば、新郎新婦様が退場して、おひらき。


「ああ、素敵な披露宴だったなぁ…」
「次は二次会だ!」
「もっと写真撮ればよかった~」


そんなことを言いながら帰り支度をするゲストに向かって、
司会者から満を持してあのひとこと。

「ここでなんと!新郎新婦様からのサプライズです!」


お酒の入った陽気なゲストたちは
「なんだ?なんだ?」と大盛り上がり。


ゲストがレストランの外に出ると、新郎が船着き場に一人ぽつんと立っています。

新郎が船にゲストをご案内

「何やってるんだよ」
「まぁまぁ、先に船に乗ってくださいよ」

なんて言い合いながら、
新郎はゲストを船に誘導します。

船に乗ることを想像していなかったゲストは、デッキに出て大盛り上がり。

「風が気持ちいいな~」
「写真撮ろうよ!」

船に乗ることを想像していなかったゲストは、デッキに出て大盛り上がり。

ゲストが全員船に乗り込んでも、新郎はそのまま船の外。
「何してるんだろう?」
ゲストの声が聞こえます。


そうこうしているうちに、
桟橋の向こうから船に向かって人影がやってきます。

一番初めに気付くのは、船の上から見渡しているゲスト。
思わず歓声が上がること間違いなし。

新婦がお父さんと一緒に桟橋を歩いてきます。

新婦がお父さんと一緒に桟橋を歩いてきます。
向かう先にはもちろん新郎。

それを見守るゲストのテンションも最高潮!
自然と暖かい拍手が沸き上がります。

ゲストのテンションも最高潮!

新婦もゲストの歓声に自然と手を振って応えるから、
雰囲気はより一層和やかに。

照れくさそうなお父さん。でも、ちょっぴり嬉しそう。

照れくさそうなお父さん。でも、ちょっぴり嬉しそう。

やってくる新婦を見てはにかむ新郎の幸せそうな笑顔に、
船の上のご友人から「にやにやするなよ!」なんて野次が飛んだりして。

はにかむ新郎の幸せそうな笑顔

新郎に近づき、そのままお父さんは新婦をバトンタッチ。

「娘を頼んだぞ」
「任せてください」

なんて、目で合図する男同士の無言のやりとりと、それを見て微笑む新婦。

男同士の無言のやりとりと、それを見て微笑む新婦。

その後は新郎新婦ふたりで、ゲストが待つ船に乗り込みます。
ゲストの暖かい拍手と歓声が、ふたりを船内で待っているのはご想像の通りです。

新郎新婦ふたりで、ゲストが待つ船に乗り込みます。

船上ではデザートブッフェを楽しみながら、
新郎新婦との歓談や写真撮影をしてクルージングを過ごします。

お食事の後のデザートビュッフェや歓談なんて、
披露宴なら“当たり前”だけど、
ゲストの想像を超えた「船の上」でなら、ワクワクの思い出になること間違いなし!

船の上」でなら、ワクワクの思い出になること間違いなし!

■まとめ

「船をプレゼント」するクルーズ結婚式、いかがでしたか?

クルーズ結婚式だからと言って、
四六時中船の上で過ごすなんて決まりはありません。陸と海をどう使い分けるかはあなた次第です。


両親からも、友人からも大好評!
友人メインの1.5次会にもオススメの、そんなサプライズができるのはクルーズ結婚式だけ。

ゲストをびっくりさせて、楽しませたい。
「こんなの初めて!」と、ワクワクさせたい。

それならぜひ、とっておきのタイミングで「船をプレゼント」しましょう!

「ふたりらしくて、いい結婚式だったよ!」


そんなゲストの言葉に、次に笑顔で応えるのはあなたです!

大歓声を叶える場所がココ

この記事を書いた人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリーから記事を選ぶ

  • 結婚式の準備
  • 会場選び
  • 挙式スタイル
  • ニュース
  • 結婚関連
  • 結婚式の費用
  • 神社挙式・和婚
  • 会員制結婚式

MENU

ページの先頭へ