上野 千奈

学歴でもない。経験でもない。
みてくれたのは、上野千奈という人間そのものでした。

大学は、英語を専攻。就職活動は主に住宅関係。
ブライダルとはまったく無縁の就活生でした。
「もっと違う業界もみてみよう」と、思ったときに気になったのがスキナでした。

もちろん、ブライダルの知識なんて全くありません。
でも、今まで仕事内容だけが重視だった私が「ここなら自分らしく働けそうだ。」そう思い、惹かれました。

「この環境で働きたい。」その思いだけをもっていた私に、上司はとても真剣に向き合ってくれました。
面接を繰り返し、「上野千奈」という人間を理解し、一緒に働くと決めてくれました。
私が大事なのは“何の仕事かではなく、誰と一緒に働くか。
”その事に気付けたからこそ今、この仕事ができています。

  • photo
  • photo

「共感」ではなく「共有」したい。
だからこそ、結婚式の想い、たくさん聞かせてください。

想いを共有すること。私の大切にしていることです。

「一生に一度の大切な日に立ち会えるなんて良い仕事だね」と、よく言われます。
本当にその通りだと思います。

一生の中で同じ日はありませんが、やはり特別な1日です。
だからこそ、1人1人の結婚式への想いがあり、こだわりがあります。
私だって「もし自分だったら」と思うと、希望は山ほど出てきます。

そんな新郎新婦様やゲストの1つ1つの大事な想いを共有し、実現するためにはどうしたら良いのか、それを提案するのがプランナーとしての指名だと思っています。

だからこそ、想いを「共感」ではなく「共有」する。
簡単ではないですが、常に心がけています。

上野 千奈のつくりかた。

上野 千奈の生い立ちはこちら。

1990年

大阪生まれの大阪育ち。生粋の大阪人です。

1990年8月15日、大阪市で長女として誕生!
お父さんが千奈(せな)と名前を決めてくれました。
よく言われますがアイルトン・セナではありません。
由来は未だ不明です。
ちなみに幼少期は母の前髪カットのおかげで、上の写真の通りちびまる子ちゃんスタイル。

2001年

おかんキャラ 開花。

三女が産まれ、晴れて4人兄弟となりました。
妹が可愛くて可愛くて、中学の頃は妹の世話ばかり。
おもちゃを買わされてはすぐに飽きられ、買わされては飽きられ・・・。
今思えば完全に幼児になめられていました。
今は定着している「おかんキャラ」が開花したのもこの頃です。

2006年

目指せ 保育士。

妹の世話をしていたからか、いつからか保育士を目指し、保育授業が盛んな総合学科の高校へ。
たくさん実習へ行って、たくさんの子ども達との思い出ができました。
何故かちびっ子達は同い年かのように接してくれるんです。
童顔だからなのか何なのか…

2009年

たくさんの人と出会えた4年間。

保育以外にも興味を持ち始め、色んな世界を知ろうと大学へ。
2ヶ所の居酒屋でほぼ毎日アルバイトしながら勉強(たまに)する日々。
居酒屋では店長に代わってお店をきりもりする(自称)看板娘でした。
常連のおっちゃん達との会話で日々、社会勉強!

2013年

入社当時の目標は「大人の女性」

大学卒業後、2013年にスキナへプランナーとして入社しました。
入社当時の目標はテキパキ仕事のできるかっこいい「大人の女性」。
と、いういうことで営業職を希望していましたが、今はプランナーという仕事に予想以上にのめり込んでいます。

上野 千奈の成分表はこちら。

image
①ラーメン・・・ 28%
毎日ラーメンでも構いません。いや、本気で。
②帰宅してからの缶ビール・・・ 25%
これは毎日の生活に必須。
③ネイビーのもの・・・ 25%
服も小物もネイビーばっかり。コーディネートに困ります。
④スノボー・・・ 20%
飽き性ですが、これだけは変わらず好き。本当に楽しい。
⑤意外に乙女な部分・・・ 2%
虫とオバケが苦手。蚊も殺せません。
image

上野 千奈の書いたブログ記事

上野 千奈にメールを送る

メール送信

他の社員を知る。

  • 中村 郁美
  • 倉掛 奨
  • 伊達 千智
  • 小山 宗
  • 東本 夕璃
  • 岡田 実景
  • 中谷 光里
  • 松岡 里沙子
  • 冨岡 美紗希
  • 平井 菜々子
  • 今井 爽楽
  • 吉岡 佳名子
  • 渡部 京介
  • 田中 奏太

MENU

ページの先頭へ