東本 夕璃

『就活生』ではなく『東本夕璃』としての私の答え。
そこからが私の本当のスタートでした。

就職活動の真っ只中。それまでそんな大きな失敗もなく、特に苦労する事も無く生きてきた二十歳(当時)が人生の岐路に立たされます。

スキナの選考が進む中でもらった他社からの『内定』。その『内定』に安堵するのと同時に、納得のいっていない自分にモヤモヤしていました。

そんな中、スキナで出会った人たちは『就活生』としてではなく『東本夕璃』としての私にずっと向き合ってくれていました。

「この人たちと一緒に、東本夕璃として働きたい。」自分自身がそう思えて決断できたとき、初めてモヤモヤが解消され、私の夢へのスタートラインが引かれた瞬間でした。

  • photo
  • photo

おふたりならではの「テーマ」と、
私ならではの「プロとしての誇り」でこれ以上ない結婚式を。

私はお客様とのお打ち合わせの中で『テーマ』を決めることを大切にしています。

おふたりと一緒に結婚式を創っていくにあたって、結婚式の中で1番大切にしたいことや、結婚式を通して伝えたい想いなど、おふたりの結婚式で大切にすべき軸がずれてしまわないように、おふたりならではの『テーマ』を決めています。

おふたりのお話を聞かせて頂き、私だからこそ紡ぎ出せる「おふたりならではのテーマ」で、おふたりの結婚式をお手伝いできるプランナーを目指して日々全力投球です。

東本 夕璃のつくりかた。

東本 夕璃の生い立ちはこちら。

1995年

『 横浜 』 をこよなく愛する “ハマっ子” 誕生

神奈川県横浜市にて、6月13日、東本家に長女が誕生。
予定より3週間ほど早く生まれてきた私は早々保育器に入りますが、心配は無用、たくさん食べて、寝て、伸びて(笑)見事な成長を遂げました。
横浜への愛も成長と共に急上昇していきます。

2011年

『Y校』って何の略?

『横浜市立横浜商業高等学校』の略です。
地元の方はもちろん、横浜市民なら誰もが知っている、そんな高校へ進学。
『とにかく楽しい』この一言に尽きる学生生活を送っていました。
ちなみに、横浜ってつく名前の高校は多いのに、なぜ私の母校だけがY校って名乗れるのか…、気になる方はぜひ東本までご質問ください^^笑

2013年

しゃぶしゃぶ始めました。

近所にできた和食レストラン(しゃぶしゃぶ食べ放題)のオープニングスタッフとして、高校2年生の冬から始めたアルバイト。
3年間お世話になり、学んだことは数知れず。気付いたら指示を受ける側ではなく、出す側になってました。(笑)
私にとって学業同様、アルバイトも『青春』、まさに『一期一会』でした♪

2013年

「 ウェディングプランナー とは 」で検索。

周りが進学か就職か決断をする中、なにも考えていなかった高校時代。
たまたま参列した従兄の結婚式で【ウェディングプランナー】という職業を知り、興味を持ったことがきっかけで、とにかく調べまくりました。
そこからはとんとん拍子に話が進み、専門学校へ進学。

2014年

“ハマっ子”ついに東京へ

高校卒業後は東京にあるブライダルの専門学校へ入学。
輝かしい学生生活を想像していましたが、日々厳しい校則のビジネスマナーや授業でヒーヒー言ってました。
それでも!毎日片道1時間30分かけて通いながら【皆勤賞】を頂くほどの真面目っぷり。
※夢に向かって走り続ける私は無敵でした。(笑)

2016年

『 東本 夕璃 』 社会人始めました。

2016年新卒入社として、株式会社スキナに入社。
夢だった 「 ウェディングプランナー 」 として、晴れてスタートを切ることができました。
初めての社会人、まだ右も左も分かっていない状態ですが、お客様と共に学んでいく、創り上げていくということを忘れずに日々精進します。

東本 夕璃の成分表はこちら。

image
①横浜・・・ 50%
本当はもっと占めてもいいくらいです。(笑)
②神奈川・・・ 25%
神奈川出身って言わないのは、後々神奈川のどこ?ってなるからです。
③北九州・・・ 15%
父は九州男児。娘の明太子好きはここから始まった。
④高田馬場・・・ 5%
2年間の学生生活、アトムの音楽が懐かしい♪
⑤新宿・・・ 5%
難しい!勉強中です。(笑)
image

東本 夕璃の書いたブログ記事

東本 夕璃にメールを送る

メール送信

他の社員を知る。

  • 中村 郁美
  • 倉掛 奨
  • 伊達 千智
  • 上野 千奈
  • 小山 宗
  • 岡田 実景
  • 中谷 光里
  • 松岡 里沙子
  • 冨岡 美紗希
  • 平井 菜々子
  • 今井 爽楽
  • 吉岡 佳名子
  • 渡部 京介
  • 田中 奏太

MENU

ページの先頭へ