image

スケッチブックと空と海 - 3 -

「これだけは、絶対にやりたかったんです。」

倉掛の熱い想いが、たくさんの人をまきこみ、
大きな流れになっていた。

こだわりがたっぷり詰まった、
撮影の裏話も収録!

熱意とドラマあふれる、
スキナウェディング社員対談。

photo

image

倉掛 奨 (27歳)

フリーランスのスタイリストからの転身で、スキナウェディングの結婚式場担当を経て、現在は男性ブライダルプランナーとして活躍。

photo

image

渡部 京介(26歳)

自衛官・バンドマン・教師というの経歴を経て、現在はスキナウェディング企画制作、広報宣伝担当として、HPの企画制作・パンフレットデザインなどをおこなう。

image

もくじ

  1. 倉掛の想いと
    クルーズウェディング。

    (2015.02.28)

  2. 業界を変えたのは、
    1冊のスケッチブック。

    (2015.03.13)

  3. ゆずれない想い、
    写真にこめたこだわり。

    (2015.03.31)

  4. 倉掛流:クルーズウェディングを
    120%楽しむ方法!

    (2015.04.30)

ゆずれない想い、写真へのこだわり。

渡部

いやー、あの撮影の裏には、
そんな経緯があったんですね。


ところで奨さん、

「持ち出し費用0円のクルーズウェディング」の商品設計には
僕も入らせてもらいましたが、

実は、僕もこだわったところがあるんですよ。


倉掛

お、どこですか?

渡部

格安結婚式って、いろいろありますけど、
持ち出し費用0円なんて言いながらも、

「写真のやつ」は、実はすっごく高額、
っていうのがあるじゃないですか。

「写真に写ってるのは別のやつですよ」ってやつ。


そうじゃなくて、
「実際にこの内容で0円」っていうところが、
一番大事にしたかったところなんです。

image
倉掛

うんうん、
そこは僕もこだわったところなんです。

よくブライダルの雑誌とかであるんですけど、
“実際にできないセット”っていうのが嫌いで、
当日できもしないものを、あたかもできるかのように見せているのが、
ほんっとに嫌いなんですよ。

「あぁ、そのお花は追加費用○○万円です」みたいな。


新郎新婦さんに「うわーすごく素敵」っていう風に見せるのは、
一種の広告として必要なことだとも思いますけど。

渡部

机に料理を置けないくらい花が盛ってあるやつとかね 笑

倉掛

あるある!笑

うん、でも、僕はそうなるのは嫌だったんですよ。


クルーズウェディング、そのもの自体の感動も与えて、
かつ、「え、0円でできるの!?」っていう驚きも与えたかったんです。

ゼロ婚だと、チュールも付きますし、デッキにお花も付きますし、
写真に取ったセットとまったく同じものが、最初から全部プランに入っている。


それが持ち出し費用0円で叶う、っていう感動を与えたかったんです。

image


渡部

確かに、ウェディングの広告写真って、
できもしないけど、見た目だけで期待させるものが多いですもんね。


「0円でできる」っていうのもそうですが、
「新郎新婦のイメージを守る」っていうのもすごく大事だと思います。


ちなみに、奨さんはもうクルーズウェディングを担当されたんですか?

倉掛

んー、今4、5件くらいかな。

HPでクルーズウェディングを出したのが2014年の4月で、
そこからお申込を頂いて、初のお客様が挙式をされたのが、
2014年の10月、11月頃ですね。

渡部

実際、結婚式当日に撮影時と同じセットを見た
お客様からの反応って、どんな感じなんですか?

倉掛

んー、セットについて別段、何か感想をもらうようなことはないですね。


というのも、後からお金をかけて追加したんじゃなく、
最初のイメージで、かつ当初の金額のままでできる。

お客様にはそこをきちんとお約束した上で、お申込みを頂いてます。
だから当日にセットを見ても、特別な感動はないんだと思うんです。


でも、僕はそんな「当たり前感」がいいと思うんです。

イメージ通りの結婚式をイメージ通り叶える、
当たり前のことだけど、この安心感を僕は大事にしたいんです。

image
渡部

ほー、なるほどなるほど。


逆に奨さん自身、イメージと違うところってあるんですか?

自分が撮影した会場で、本物の新郎新婦やゲストが会場に入って、
リアルな結婚式を目の当たりにしてみて、

撮影の時との違いってどんなところですか?

倉掛

んー、そうですねぇ、

撮影の時って、空気感までは作れないんですよね、結婚式の。

でも、実際クルーズが始まったら、新郎新婦とゲストとの距離がすごく近いんですよ。

「The 結婚式」 みたいな、かしこまった感じじゃなくて、
普段家族や友人と過ごす時間みたいな、
すっごくアットホームな雰囲気になるんですよね。


ここが撮影の時との大きな違いですね。


撮影だと、モデルさんにポーズを指示したり、アングルもかっこよく撮って、
ライティングにもこだわったり、自分のイメージ通りの空間にできるんですけど、
生の臨場感はやっぱり違いますね。


「あ、こういう空気感になるんだ。」
「これは撮影じゃ表現できないなぁ…」


みたいな。
こればっかりは、やってみないと分からないですね。

渡部

そうなんですね、なるほど。


かなりこだわって撮影に挑まれた訳ですけど、
撮影の裏話とかって、あったりするんですか?笑

倉掛

んー、そうだなぁ…、


あ、さっき、「撮影は怖くはなかった」って言いましたが、
当日はすっごく忙しくて、分単位のスケジュールだったんです。


船の上で、夕日をバックにしたカットが撮りたかったんですけど、
船の出航時間が決まっていて、
カメラに写っていないところでは、かなりバタバタしてましたね。

カメラの中では、すごく落ち着いた、優雅な空間でしたが、
裏では、みんなで急いでお花や机を片づけたり、

船長にもイスの移動を手伝ってもらったり 苦笑

渡部

クルーズウェディングは、ロケーションが命ですからね 笑

image
倉掛

そうそう、
あと、実は料理長の写真は2回撮影したんですよ。

というのも、最初に撮った写真が
「料理の鉄人」みたいだったんです。

ちょっと昔の番組ですけど、知ってます?

渡部

あぁ、知ってます知ってます!
懐かしいですね。


確か、腕組みをされてて、
こう、かなり威厳がある感じですよね。

倉掛

そうそう、そういう感じもいいんですけど、
でも僕はもっと躍動感がほしかったんです。


なので、料理長に「もう1回撮らせてください」ってお願いしたんですよ。


「もっとかっこよくご紹介させてほしいので、
もう一度撮らせてほしいんです、もう一度だけお願いします!」って

渡部

またまた熱いですね!

倉掛

いやいや 笑


でも、ザ・クルーズクラブ東京さんは
お料理も是非アピールしたいポイントだったので、
料理長の写真も、もっと動きのあるものが撮りたかったんです。


それで、なんとかOKをもらって、
厨房で料理をしている構図でお願いしたんですが、


「それなら、何か作りましょうか?」


ということで、実際に撮影のためだけに、
お料理を作ってくれたんです!


そこから距離が縮まって、
クルーズウェディングに対する想いとか、
いろいろ教えてくれるようになったんです。


最初は「the 職人」みたいな人で、もの静かな方だったんですけどね。

image
渡部

奨さんの、熱い想いが伝わったんですね。

倉掛

いや-、嬉しいですね 笑


そうそう、
実は撮影以外にも、もう一つこだわったところがあるんですよ。


渡部

お、何ですか?!

倉掛

実は、「東京湾 観光クルーズ」を プランに入れたところなんです。


クルーズの一番の醍醐味っていうのは、
なんといっても、景色を楽しめることなんですよ。


東京タワーやレインボーブリッジ、お台場が見えたり、
移り変わる景色を楽しめるんですよね。

遠方のゲストには、東京観光も楽しんでもらえるので、
これは絶対に案内したかったんです。

image
渡部

確かに、ゲストも東京出身以外の人も多いですよね。

最近だと、外国人からの問い合わせも増えてきたり、

倉掛

そうなんですよ、
意外と多いんですよ、東京以外の方って。


だから、司会者にもかなりこだわったんです。


ふつう、結婚式の司会者って、プロの方にお願いするんですけど、
プロでもクルーズの案内ってできないんですよね。


というのも、
船って、最初は右にあったものがいつの間にか左にあったり、
航行コースがいろいろあったり、
あらかじめ分かっていても、景色が目まぐるしく変わるんですよ。


でも、僕は絶対観光クルーズがしたかったので、
特別クルーズツアーを企画して、司会会社の皆さんを招待したんですよ。

そこで実際に体験してもらって、
観光案内用の台本を作ってもらったんです。

渡部

ほー、なるほど。

やっぱり、司会者さんがいるかどうかで、
場の雰囲気っていうのは、かなり変わりますよね。


ただの船上パーティじゃなくて、
ちゃんとお二人の結婚のお披露目の場になるというか、

倉掛

そうなんですよ。

豪華で派手な演出もいいとは思うんですけど、

それよりも、大事な人たちとの時間をいかに過ごすか、
どんな雰囲気で過ごすか、
っていうことの方が僕は重要だと思うんです。


image

(つづきます)

倉掛の創り上げた
クルーズウェディングはコチラ


船上で、船内で、クラブハウスでオリジナルクルーズウェディング



Voice&Report

MENU

ページの先頭へ