ブライダルプランナー 野中 舞子

Bridal Planner 野中 舞子

参列した結婚式で、本当に叶えたい願いを実現したいと強く思いました。

私が今まで参列したなかで一番印象に残っている結婚式は、従姉の結婚式です。幼少期から姉妹のように育ってきた従姉が結婚すると聞き、招待状が手元に届いた時とても嬉しかったです。
いよいよ結婚式本番の日、ワクワクして式を迎えましたが予想していたとおり号泣。いつもより人一番きれいな姿の従姉に思わず涙と笑顔がこぼれました。
そんな結婚式の中で一番印象に残っていることがあります。それは、新婦の手紙のシーンです。実は私は結婚式のなかでもお手紙のシーンが一番好きで、その理由はこういった機会でしか伝えることができない「ありがとう」「ごめんね」を、改めて言葉にして素直に伝えることができるからです。
従妹の手紙を聞き、私でも知らなかった家族のエピソードが聞けてとても嬉しかったのですが、最後の従妹の一言に私は涙が止まりませんでした。
それは「ドレス姿をおばあちゃんにも見せたかった。」という言葉です。
実は、挙式の半年前に病気でおばあちゃんが天国へ行ってしまい、誰よりも孫の結婚式を楽しみにしていたおばあちゃんが参列することが出来ませんでした。

私はその時にはスキナへの入社が決まっていてブライダルプランナーになることも決まっていたため、その従姉の言葉を聞いたときに「おふたりがご結婚式を挙げる意味」「おふたりのご結婚式に対する思い」などおふたりの想いをしっかりと伺い、本当の願いを叶えてあげたいと強く思った結婚式でありました。

結婚式画像1

おふたりらしい結婚式のために、全力で向き合います。

結婚式を挙げるとき、おふたりだけが向き合うのではなくおふたりの家族や人生そのものとも向き合わなくてはいけません。それぞれの嬉しいこと楽しいことだけではなく、つらいこと苦しいことも共有していくという覚悟をお互いがもう一度再確認したうえで、どのような結婚式にしたいか、どのような想いを込めてゲスト皆に伝えたいかを私も一緒に向き合い考えていきたいと思っています。一組一組のお客様の想いを大切にして、それぞれの形でおふたりらしいご結婚式を挙げる1日をお手伝いしたいと考えています。

結婚式画像2

本音でぶつかって来てください。

おふたりのご結婚式をお手伝いさせて頂くうえで、おふたりの想いや本音をぜひひとつずつお伺いしていきたいと思っております。したがって、より深く長い時間をかけてお話をお伺いしていきます。おふたりと真正面から向き合い、ご結婚式当日までお手伝いをさせていただきたいと考えておりますので、おふたりもぜひぶつかって来てください。

結婚式画像3

Contact

野中 舞子にメールを送る

メールを送信する

Other Planner

そのほかのプランナー

  • 今井 爽楽
  • 青野 美緒
  • 藤田 翔一

会場見学もお見積りもすべて無料でご案内いたします。

【営業】平日13:00〜19:00、土日祝10:00〜20:00【定休日】毎週火・水曜

結婚式に関するどんな不安もどうぞお気軽にご相談ください。「資料請求」も「来店予約」もLINEトークが便利です!

かんたん!LINEで問い合わせ 【営業】平日13:00〜19:00、土日祝10:00〜20:00【定休日】毎週火・水曜 お急ぎの方はコチラからお問い合わせください。 サロンへのアクセスはこちら

お問合せ

MENU